車買取の真髄|車買取で得をする!車を高く売る方法をまとめました

車を高く売るテクニックをご存知ですか?車を高く売るにはちょっとした知識が必要です。車を高く売って理想の新車を手に入れよう!

マイカーローンの選び方

車は現金で一括購入出来れば一番ですが、ローンを利用して車を購入する方も多いと思います。

フリーローンと比べて金利が安いマイカーローンですが、借り先によってローンとクレジットがあり、金利や借入条件なども変わってきます。

車には所有者と使用者というのが車検証に記載されており、マイカーローンの借り方によっては所有者がローン会社になる場合もありますので注意が必要です。

せっかくローンを組んでまで購入する車ですから、自分にあったマイカーローンを選択しましょう!

マイカーローンの種類

マイカーローンは主に3種類あります。

1、銀行、信用金庫、JA等の金融機関のローン
2、信販会社、ディーラーのクレジット
3、残価設定ローン

1、金融機関のマイカーローン

銀行、信用金庫、労働金庫、JAなどの金融機関が融資するマイカーローンです。

特徴としては金利が低いところで、公共料金の支払いや住宅ローン、ネットバンクなどの指定のサービスに申し込むと更に金利優遇を受けることができます。

ただし、ローンの審査に一定の基準があり、クレジットと比較して審査が厳しいというデメリットがあります。

また、最近ではネットでマイカーローンの申し込みが完結できる金融機関も増えてきていますが、店頭まで申し込みに行くところもあるため不便な部分もあります。

多くの金融機関では借入できる地域を限定していますので、マイカーローンの比較サイトで金利の安い銀行を見つけても住んでいる地域によっては借入できないこともあります。

車検証に記載される所有者と使用者は両方マイカーローンを組んだ本人になります。

申し込み条件は金融機関によって異なりますが、概ね

・20歳以上
・安定した収入がある人

が最低条件になります。

2、信販会社やディーラーのクレジット

信販会社のクレジットを利用して車を購入することも可能です。

一般的に銀行のマイカーローンと比較して金利が高いという特徴があります。

ただし、その分借入の審査が甘く、銀行ローンを組めない方でもクレジットであれば借入できる場合があります。

デメリットとしては、一般的に車検証の所有者が信販会社の名前になるため、借入金が残った状態で車を売却することができなくなります。

クレジットが残ったまま車を売却するには一括返済する必要がありますので、近い将来に車を売却する可能性がある場合はクレジットを利用するのことはおすすめできません。

また、ディーラーが勧めてくるマイカーローンは提携している信販会社が提供しているクレジットのため、金利は高く所有者も信販会社になるため、他でお金が借りれない場合以外はおすすめできません。

ここまで、一般的な信販会社のクレジットを紹介してきましたが、銀行のローンと殆ど条件が変わらないクレジットもあります。

おすすめは「損保ジャパン日本興亜マイカーローン」です。

銀行のマイカーローンと同水準の安い金利が魅力で、口座を新たに作る必要もなくネットと電話で借入まで完結できます。

また、一般的なクレジットは信販会社からディーラー(車販売店)に直接現金が送金されますが、損保ジャパン日本興亜マイカーローンの場合は指定の口座に振り込んでくれるため、ディーラーに車の代金を支払う時も信販会社を挟む必要がありません。

所有権についてもローンを組んだ本人になりますので、銀行のマイカーローンと条件は殆ど変わりません。

私もハリアーを購入した際に、マイカーローンをどこで借りるか比較検討しましたが、上記の理由から損保ジャパン日本興亜マイカーローンを利用しています。

クレジットの申し込み条件(損保ジャパンのマイカーローンを参照)は

・申込時満20歳以上、満60歳以下のお客さま
・前年の税込み年収280万円以上のお客さま
・定職・定収入のあるお客さま

となっています。

3、残価設定ローン

最近よく目にする残価設定ローン、または残価設定クレジット。

残価設定ローンとは、3〜5年後の車の下取り価格を設定し、その下取り価格を最初から割引いてローンを組むプランです。

3年、または5年後のローン終了時に残価の精算を行わなければいけません。

残価の精算方法は

・車を売却する
・残価を一括支払いする
・残価をローンで返済する
・車を乗り換える

の4パターンになります。

残価設定ローンで注意しなければいけないのは、契約時に走行距離の上限や、事故や傷が付いた場合に当初設定した下取り価格通りに買い取ってもらえない事があるという事です。

その場合は、追加金を支払う必要がありますので売却したいのにお金がなくて売却できないケースも考えられます。

そうなると残価もローンで支払う事になり、結果的にディーラーローンの高い金利をずっと支払い続ける事になります。

もちろん、月々のローン金額を最小限に抑えて車を購入したいという方にはオススメの残価設定ローンですが、当初の予定どおりに精算できない場合もありますのでリスクをよく理解してローンを利用する必要があります。

まとめ

マイカーローンはたくさんの種類がありますが、一般的には銀行のマイカーローンが金利面でオススメです。

ただし、クレジットのマイカーローンでも銀行とほとんど条件が変わらないサービスもありますし、頭金が用意できない場合は残価設定ローンという選択肢もありますので、各種ローンのメリット・デメリットをしっかり把握し、自分の状況に合ったマイカーローンを選びましょう。

                    

車を高く売るなら無料一括査定がおすすめ

同じ車なのに15万円の買取価格の差がありました

アクアの買取相場を調べる為に一括査定に依頼したところ最低で70万円最高で85万円の査定価格になりました。

同じ車なのに買取業社の違いで15万円の差がありました。

車を売るなら一括で最大10社の大手買取業社の査定が1分も掛からずにできる「かんたん車査定ガイド」がおすすめです。全国無料で利用できます。

一括査定対応の買取業社