車買取の真髄|車買取で得をする!車を高く売る方法をまとめました

車を高く売るテクニックをご存知ですか?車を高く売るにはちょっとした知識が必要です。車を高く売って理想の新車を手に入れよう!

ブレーキとアクセルを踏み間違える原因と予防方法(踏み間違い事故予防)

高齢者によるアクセルとブレーキの踏み間違い事故が増加しています。

立体駐車場から落下したり、コンビニに突進したりと駐車場で踏み間違い事故が起こるケースが多発しています。

高齢者に限らず幅広い年齢層で踏み間違い事故は発生しています。

なぜブレーキとアクセルの踏み間違い事故は起きてしまうのか、その原因と対処方法を見ていきたいと思います。

アクセルとブレーキの踏み間違いが起こる原因

右足のポジションがおかしい

アクセルもブレーキもどちらも右足で踏む動作になります。

基本的には右足の踵をブレーキの前に置き、アクセルを踏む時は踵を支点にして右側に傾けアクセルを踏みます。

右足は常にブレーキの前にあるので、咄嗟に右足を踏み込んでもブレーキに足が乗るようになります。

しかし、運転に慣れてくると基本的な事が疎かになり、無意識に右足の位置がアクセル寄りになる事があります。

右足のポジションひとつで踏み間違いの原因になりますので自分の右足のポジションを再確認してみてください。

また、AT車にも関わらず両足を使って運転する方もいます。

昔にマニュアル車を乗っていた癖なのかは分かりませんが、左足でブレーキを踏み、右足でアクセルを踏むという危険なドライバーがいるのも事実です。

踏み間違い事故に共通して言えるのが、ちょっとした気の緩みで踏み間違いが起こるという事です。

踏み間違いは高齢者に多いのが事実ですが、誰にでも起こり得る事故なのです。

踏み間違った後は止まらない

右足のポジションが予防につながる事を紹介しましたが、実際に踏み間違えてしまうと自分が想定している動きと違う動きに焦ってしまいます。

踏み間違い事故を起こした人の中にはブレーキを踏んだのに急発進したという方がいますが、殆どのケースで焦りやパニックが原因です。

もし仮にブレーキを踏んで発進するような事があれば、想像もつかないような大きな問題に発展しているはずですので、普通に考えればブレーキを踏んで発進することはありえないのです。

踏み間違い事故を防ぐ方法

アクセルとブレーキの踏み間違い事故を防ぐには、集中して運転する常に冷静な判断をする右足の位置に気をつけてペダルの踏み間違いを予防するなどが考えられますが、どれも人任せのため確実性に欠ける方法です。

今のところ確実性の高い予防方法は急発進抑制機能がある安全装置が付いた車に乗り換えるという方法です。

昨今の踏み間違い事故の増加で、車メーカー各社で急発進を抑制する安全装置が付いた車が増えています。

買い換えるのは経済的に難しいという方は、オートバックスで販売されている、後付け出来る急発進抑制装置もあります。

価格は5万円ほどで購入できますので、車の買い換えと比べると手軽に導入出来るメリットがあります。

最後に、1番確実な予防方法は車の運転をやめる事です。

特に高齢者の方は、自分が考えている以上に判断能力が低下している事がありますので、周りの家族が運転をやように説得する事も大切です。

事故が起こってからでは遅いので、可能な範囲で予防できる事を行い、予防が難しいようであれば運転をやめるという選択も必要です。

                    

車を高く売るなら無料一括査定がおすすめ

同じ車なのに15万円の買取価格の差がありました

アクアの買取相場を調べる為に一括査定に依頼したところ最低で70万円最高で85万円の査定価格になりました。

同じ車なのに買取業社の違いで15万円の差がありました。

車を売るなら一括で最大10社の大手買取業社の査定が1分も掛からずにできる「かんたん車査定ガイド」がおすすめです。全国無料で利用できます。

一括査定対応の買取業社