車買取の真髄|車買取で得をする!車を高く売る方法をまとめました

車を高く売るテクニックをご存知ですか?車を高く売るにはちょっとした知識が必要です。車を高く売って理想の新車を手に入れよう!

新車購入時の慣らし運転は必要なのか?

以前は車やバイクを新車で購入すると、必ず慣らし運転をしてくださいと言われていましたが、最近は新車を購入しても慣らし運転をするように言われる事が少なくなりました。

現代の車には慣らし運転は必要がないのでしょうか。

そもそも慣らし運転とは何か

慣らし運転とは、新車の場合はエンジンなどの新品パーツが馴染むまで、フルに性能を使うのではなく抑えて運転することを指します。

メーカーや車種によって慣らし運転のやり方は異なるようですが、概ね走行累計距離1000km〜3000kmくらいまでは、エンジンの回転数を3000回転以下で走行します。

また、パーツのゴミが出るためエンジンオイルの交換も500km〜1000km程度で行った方が良いというのが一般的な慣らし運転です。

冒頭にも書きましたが、最近の車慣らし運転不要という噂も聞きます。

実際のところ、各メーカーの慣らし運転に対する説明はどのようになっているのでしょうか。

メーカー毎の慣らし運転の必要性

メーカーのウェブサイトをみると、各メーカーで慣らし運転の必要性が異なるようです。

トヨタ

慣らし運転の必要はありません。ごく一般的な安全運転に心がけていただければ、各部品のなじみは自然と出てきます。
お客様が新しい車に慣れられるための期間を慣らし運転の期間と考えてください。

出典:トヨタ自動車

との記述があります。

トヨタ車は慣らし運転不要との事です。

NISSAN

走行距離が1,600kmに達するまでは、エンジン性能を最大限に引き出し、お車の信頼性と経済性が実現されるよう、次の推奨事項に従ってください。推奨事項に従わないと、エンジン寿命が短くなり、エンジン性能が低下するおそれがあります。
* エンジンの回転数を4,000rpm以上に上げない。
* アクセルを完全に踏み込んで走行しない。
* 急発進は避ける。
* 可能な限り急ブレーキは避ける。

出典:日産自動

NISSANは慣らし運転を推奨しています。

MAZDA

現在では、部品やオイルの品質が向上したことにより、以前に比べると特別に慣らし運転を考える必要はありません。
普通の運転(急発進・急加速・エンジン回転を高回転に保つなどの急・高のつく運転を避けた運転)をしてください。

出典:マツダ

MAZDAは慣らし運転不要との事です。

このようにメーカーによって慣らし運転に対する説明は異なっています。

慣らし運転は現代の車において必要なのでしょうか。

慣らし運転は必要なのか

ここまで調べてみると、現代の車にとって慣らし運転は意識してやる必要はないと思われます。

あとは個人の判断で気にされる方は慣らし運転をやるといいでしょう。

たまに、走行距離が少ないのにエンジンの回転数を上げてしまって不安になられている方がいらっしゃいますが、工場出荷前にエンジンのテストを行なっており、その時点である程度回転数を上げているので性能に問題が出る事はありません。

あまり神経質にならずに、新車のドライブを楽しみましょう!エンジンオイルの交換だけはお忘れなく。

                    

車を高く売るなら無料一括査定がおすすめ

同じ車なのに15万円の買取価格の差がありました

アクアの買取相場を調べる為に一括査定に依頼したところ最低で70万円最高で85万円の査定価格になりました。

同じ車なのに買取業社の違いで15万円の差がありました。

車を売るなら一括で最大10社の大手買取業社の査定が1分も掛からずにできる「かんたん車査定ガイド」がおすすめです。全国無料で利用できます。

一括査定対応の買取業社