車買取の真髄|車買取で得をする!車を高く売る方法をまとめました

車を高く売るテクニックをご存知ですか?車を高く売るにはちょっとした知識が必要です。車を高く売って理想の新車を手に入れよう!

外車(輸入車)の買取価格が低い理由

外車は購入する時とても高いですが、売却する時は反対に安い買取価格になってしまいます。

なぜ外車は買取価格が低いかというと、

輸入中古車のニーズが国産車と比較して低いからです。

輸入中古車のニーズが国産車と比較して低い理由

輸入中古車は国産車と比較される

メルセデス、BMW、audiのメインターゲットはお金に余裕がある富裕層です。

輸入車のメインターゲットである富裕層は新車や新古車にニーズが集まるので、輸入中古車を買うユーザーとは異なります。

輸入中古車は国産の新車を購入する層(中間層)とターゲットが被る事が多いです。

国産車を購入する層は燃費などの維持費を気にしますので、国産車を選ぶケースが多くなり輸入中古車のニーズは国産車に比べて低くなるのです。

外車は維持費が高い

外車は故障が多いというイメージがあると思いますが、最近の外車は昔と比べて故障しにくくなっています。

とはいえ、外車、国産車に関係なく機械には当たり外れがありますので、外れを引いてしまうと何度も修理を繰り返す事になります。

外車は国産車と比較して輸出コストが掛かるため純正パーツの価格が高くなります。また工賃も国産車と比較して高くなります。

輸入中古車のデメリットは、メーカー保証が切れている場合、故障した時は実費で高額の修理費を支払う必要があり、外れの中古車を引いたときのリスクが大きいです。

外車はハイオクガソリン

また、外車の多くはハイオクガソリンを入れる必要があります。

ご存知の通りハイオクガソリンは普通のガソリンと比べてリッターあたり10円前後高いので、毎月のランニングコストもじわじわと高くなっていきます。

私の場合、新型ハリアーの新車を購入するか、中古のaudi Q3を購入するか迷いましたが、audi Q3はハイオクガソリンということで家族から却下されました。

リッターあたり10円違いならそこまで変わらない気もしますが、家族を車を共有する場合はハイオクガソリンだと敬遠されやすい傾向にあります。

上記の理由から、輸入中古車のニーズは国産車と比較すると低く買取価格も下がる要因になっています。

輸入中古車でも買取価格が下がりにくい車がある

輸入中古車は買取価格が低いと書いてきましたが、輸入中古車でも価格の目減りが少ない車もあります。

その代表的な車がフェラーリです。

フェラーリの中古車が値下がりしない理由は、モデル毎の生産数が限定されており、希少価値が高いからです。

フェラーリは3年乗っても購入価格とほとんど変わらない価格で買取してもらえたり、モデルによっては購入価格より高くなるケースもあります。

一般市民には縁のないフェラーリですが、普通の車と違い投資目的や金融資産として所有する方も多くいるそうです。

まとめ

輸入中古車の殆どは、購入価格と比べると買取価格がとても安くなります。

日本国内では輸入中古車のニーズは限られているため、買取価格が安くなる傾向にあります。

輸入車を少しでも高く売りたいと思う方は、輸入車に強い買取業車に査定を依頼することをお勧めします。

                    

車を高く売るなら無料一括査定がおすすめ

同じ車なのに15万円の買取価格の差がありました

アクアの買取相場を調べる為に一括査定に依頼したところ最低で70万円最高で85万円の査定価格になりました。

同じ車なのに買取業社の違いで15万円の差がありました。

車を売るなら一括で最大10社の大手買取業社の査定が1分も掛からずにできる「かんたん車査定ガイド」がおすすめです。全国無料で利用できます。

一括査定対応の買取業社